自動車 整備工場 ホームページ 作成 4

Peroba do Norte
15 de novembro de 2019

なお、修理事例ページを作る際は、修理箇所・車種名・修理料金・修理にかかった日数・地域を記載するようにしてください。 自動車修理や車検の費用は高額になりがちなので、行きつけの自動車整備工場が無い限り、インターネットで価格比較をするのは当然だと思います。結果、最も安く、評判が良い場所が選ばれるわけですが、それでも決め手を欠く場合は、詳細を知ろうとするのが人の心理です。 検索順位の大規模な変動など、もしもの時は常に考慮しなければなりません。 現代はスマートフォンが普及したことによって、あまりインターネットに詳しくない人でも手軽に情報収集ができる時代となりました。サイトに訪問する流れも自然です。 ¥å ´ã•ã¾ã«ã¨ã£ã¦ç„¡é§„な出費?, サービスについて詳しく解説しています, デキテル10周年キャンペーン開始. それ以外にも、少しでも修理費用を節約できるポイントが紹介されていれば親切です。愛着度は一気に高まり、顧客獲得に近づきます。 ホームページ作成ツール. 一例として、大手より車検費用を抑えたいと思っているユーザーは、中小規模の自動車整備工場も調べて価格を比較するはずです。そうした仮説から優位性を前面に出したホームページにすれば、十分太刀打ちできます。さらには関連するキーワードでSEOでも凌駕するかもしれません。 信頼関係を築くことができれば、車検であっても少し遠い場所に住んでいる人をリピーターとして呼び込めます。車検の契約数にもホームページは大きく影響するのです。, 大手は知名度がある分、信頼性を備えているため基本SEOは強いものと考えます。「車検」と仮に検索したら大手が上位表示されるはずです。 故障診断整備のススメ; 2018年4月25日; 2019年4月19 大変に思われそうですが、意味のあるホームページにするためにもこの数字を目標にすることを推奨します。 自動車整備工場も同様であり、ホームページはその最たる手段です。 先ほど解説した通り、ホームページを持っている自動車整備工場は全体の5%程度とかなり少ない状況下であるがゆえ、自社サイトがあればアドバンテージが働きます。 SEOにおいて重要な施策です。, ある一つに特化した主力商品のページ制作に注力して、アクセスを集中させることもホームページ全体のセッション、PV数を稼ぐ手段としては良いです。他方、単体では比較的少ないアクセスでも多くのページを作った方が効果を生む場合があります。 新着順. しかし、裏を返せば最初の接点が車検の前に発生していたということも仮説として立てられます。要するに、すでにホームページを利用されていて板金塗装などで関わりを持てた顧客が一定数存在し得るということです。 さいたま市.戸田市.蕨市においても必ず転入してくる人が毎年おり、ほとんどの人はマイカーがあります。車検の期限が来るまでに、なじみのない地域なので、人に聞くよりも、インターネットで自動車整備工場を探します。, チョットした接触事故で、自動車にキズやヘコミを作ってしまった時、それが目立つキズやヘコミであれば、人に見られたら恥ずかしいから、早く直したいと思う人が必ずいて、携帯しているスマホを使いインターネットで自動車修理工場を探します。, ひとつの自動車会社が、全ての自動車オーナーを満足させることは絶対に出来ません。自分にとってもっと良い自動車整備工場はないかと探している人は必ずいて、インターネットで探したり、友人知人に聞いたりして探しています。, 毎年誕生するほとんどの新社会人はマイカーがありません。その新社会人達も多くの人が近い将来マイカーを持つようになる、とても有望な見込み客です。特にこの世代は、ネットの端末機でもあるスマートフォン所有率が94%!スマホのホームページが無視できない時代に!, 大手企業はこのことの重要性を認識していますので、創業何十年でも宣伝広告やスマホ対策をやり続けているのです。, 今は、友人知人から、あなたの自動車会社を紹介されたら必ずすることがあります。それは、インターネットで調べるということです。あなたの周りの人を観察して下さい。社会生活習慣としてこのことを当たり前にやっています。特に、スマートフォンを持っていれば100%やります。その時、あなたのホームページがあれば、そのホームページがクチコミの証明書となり、安心感と信頼感を与えます。, 情報化の現代では、消費者の行動として、相手を選ぶということを必ず行います。グーやカーセンサーでは、他との違いが分りませんので、必ずインターネットでホームページを見て比較をします。そのインターネット上に、あなたの存在がなければ、「あなたを選ぶことができない!」ということになり、競合する自動車会社にとってはとてもありがたいことになります。これこそ将来にわたって取り返しのつかない最大の損です。, 名刺交換では、受け取った名刺を見てホームページの有無を確認します。もし名刺にホームページアドレスが記載されていなければ、口頭であなたに聞いて確認することになります。何故か、今の時代、ホームページの有無が相手を見極める判断基準のひとつになっているからです。厳しいですが、これが現実です。, 初めて会った人に、名刺を差し出して挨拶をします。しかし、名刺を受け取った人に印象に残る名刺でなければ、翌日には忘れてしまいます。もし必用に迫られて受け取った名刺を思い出し、名刺にホームページのアドレスか社名が分れば、ネットで改めてあなたの自動車会社の存在を確認することができますが、なければ顔も覚えていないあなたに電話をすることはありません。インターネットで他の自動車会社を探します。, ホームページを初めて作ろうと決めたら時間をかけて、最低限必要な知識と、ホームページを作るための準備が不可欠です。これを怠ると、あなたのビジネスに役に立つホームページになりません!, 今は、ホームページシステムも自分で作成して、更新と運用管理ができる時代になりました。中小零細企業や個人事業主にとっては、これからの時代必須の技能です。, ホームページの更新と運用管理を他人に委ねていては、何時までたってもインターネットで集客する知識があなたに育ちません。ホームページが、あなたのビジネスの集客の道具になることを目指しています。, 何時の時代でも時と共に、色々なものや環境が変わっていくものです。ということは、ビジネスにおけるホームページ集客やネット集客がどんどん変化して行くということです。, この環境の変化に、作ったままのホームページでは、変化していく環境に取り残されてしまい、役に立たないホームページになってしまいますので、ホームページも環境の変化にあわせ、また、あなたの事業の展開や発展に合わせて更新をすると共に、運用管理も変えていくことが必須です。ホームページの更新と運用管理は一体です。, 2000年頃のホームページ事情は、ホームページや色々なWebサイトがまだまだ少なかったと言うことと、ホームページを見る(検索ユーザー)人が、インターネットの扱いに慣れていなかったので、色々なホームページを見て、比較検討し選ぶという知恵は育っておらず、購買するところを探すためにネットで検索をしていました。ですから「ホームページを作れば集客出来る」と制作会社はうたい文句にしてセールスしていたのです。, では、現在(2016年)はどうか?。インターネット上には地球上の人口の数ほどにホームページを含めWebサイトの数があるといわれているぐらい存在しています。しかも、年々ホームページを作る技術やテクニックも向上し、そのための情報もインターネットで検索すれば、あふれるほど沢山あります。その環境の中で日々新しいWebサイトが増え続けているのです。, そして技術も進歩して今では、ホームページは自分で作れて、更新も運用管理も自分で出来る時代になったのです。, 近い所で、消費者の購買行動を大きく変えたのが、スマートフォンの普及です。そのため、新規お客の「集客方法」が、ガラリと変わりました。, どのように、変わったかと言うと、購買行動は、「探す」「確認する」が、一番最初の行動になりますが、その一番最初の行動を、常に手元にある、インターネットの端末機でもあるスマホで「探す」「確認する」ことが、あたり前のこととなったのです。, ようは、営業活動や周知活動、販売促進活動をしていなければ、ホームページが無いと、あなたの自動車整備会社を、改めて知ったり、初めて知ることが無いということです。, この状況の変化に伴うホームページWebサイトの更新と運用管理を、そのつどホームページ制作会社に依頼していたのでは時間もかかるしコストも重みます。また、更新や運用管理を依頼してから作業が終わるまでの時間差が悪さをすることも大いにあり得ます。, ホームページ制作会社の業種は、ホームページ制作であって、あなたのビジネスの専門家でもコンサルタントでも、ビジネスの神様でもありません。一部の大手企業や大企業、名前の知れ渡っている企業では資金が潤沢(じゅんたく:たくさん)にあるため、各分野の専門家に大金を支払って任せているのですが、中小零細個企業や小規模事業や個人事業者では、そんなことは出来ません。ならば、あなたが自分で、ホームページの更新と運用管理ができるようになることです。, 私の目指すものは、ホームページをあなたが自分で更新と運用管理ができることです。そのためには、電話でのご相談やお問い合わせでは用が足りません。ましてやメールでは、全くの一方通行のなので、問題の解決どころか勘違いや誤解が発生します。メールでの対応は人をバカにしている とさえ私には思えるのです。, また、サポートにしても、実際にあなたの使用しているパソコンで、同じ画面を見ながら説明する方がよっぽど分りやすいし、分らないことがあればその場で解決できるのです。分るように説明するのに、これ以上に良い方法がありますか ? ありません。, また、地域が変われば環境が変わりますので、地域限定のビジネスであれば、ホームページを作るにあたって、その地域環境が分らなければ、的を得たホームページが作れません。私自身この地域に45年住んでいますので、現在の生活環境やビジネス環境が、他地域の人よりも理解していますし、今までの変化を元に、これからの環境の変化も若干ではありますが、予測もできます。, この考えから、商圏を さいたま市(岩槻区を除く)・戸田市・蕨市 の三市に限定し、地域密着の営業展開を行っているのです。この三市でしたら印刷も営業品目ですから巡回していますので、もしお電話頂いた時にあなたのそばにいれば、その足で向かうことも出来ます。, そして、お問い合わせやご相談の電話に出るのも私(新井)、納品後のサポートやご相談を承るのも私。私の社会人としてのスタートが自動車整備士。自動車販売の営業の実務経験もあり、そして私も、小さいながらも経営者です。, この作業工程は効率を優先した作業工程ではなく あなたが自分で更新と運用管理をすることを前提にしています!, あなたから、お問い合わせのお電話を頂くと、必ず私(新井)が電話に出ます。そして、電話での会話で「ホームページの話しを聞きたい」というお気持ちになりましたら、訪問する日時を決めお伺いします。電話では手短な会話しかできませんから、訪問した際には、あなたはしっかりと私(新井)を見定めて下さい。, 先ずは基本中の基本!「今現在のホームページとはどのようなものなのか」を分る言葉で分るように説明します。このことを正しく認識していないと色々なことが「ボタンの掛け違い」「的外れ」になり、気が付いてからの軌道修正は困難を極めますので、しっかりと頭に入れて下さい。, 一通りの説明が終わりましたら、私は売り込みやセールスは一切しませんので、さっさと帰ります。, 最初に訪問して、あなたが私を品定めした結果、費用はどのくらいかかるのかという話しになりましたら、ホームページのページの構成(サイトマップ)の作成です。, ページの構成(サイトマップ)とは、ページの横並べと縦並べです。横並びは大きな項目。縦並びは、大きな項目に関連するページです。, この作業には、あなたと一緒に考えるため、目で見て分るように、そのためのホームページを用意してありますので、目で見ながら一緒に考え作成します。, このサイトマップを全工程で事あるごとに見ますと、ホームページの全体像が、あなたの頭に描かれるようになります。, この作業で出来たページの構成(サイトマップ)を基に見積書を作成し提出致します。ですから、ここまでの作業に費用は全くかかりません。, 見積書をご検討して頂いた結果、ホームページ制作を弊社に任せるというご返事を頂きましたら「契約」を締結致します。, 制作料金は前金となりますので、見積書の金額をお支払い頂きます。追加料金は納品時に頂戴致します。, そしてこの目的はひとつにすることです。ホームページで、あれもやりたい、これもやりたいなど、複数のやりたいことを目的にすると、あれに対してはこのような内容、これに対してはこのような内容などと複雑で分りにくくなり、しかも、ひとつの目的の訴求力が目的が増えれば増えるほど小さくなります。基本は、目的ごとにホームページを作ることです。, ホームページは、「○○○○○さん」と呼びかけて見てもらうものです。この呼びかけが「みなさん」では、誰も自分には関係ないと受け取り、振り向いてもくれません。あなたのことに当てはめて下さい。きっと「みなさん」では、振り向こうとしないはずです。「みなさん」とは、誰でもいいということです。, の「あなた」をハッキリさせることです。そうすると「○○○○○」が気になっている人は、「ん オレ(私)のことだ」と思い、ホームページを更に先を見てくれるのです。, ターゲットがハッキリしたら、そのターゲットに向けての、初回の特典「集客商品や集客サービス」を作ります。これが、ホームページを見て、迷っている方の背中をたたき、「だったら」と、お問い合わせをする動機になります。, この作業がホームページを作る上で一番重要な作業ですので、急がず、手を抜かず、面倒(めんどう)くさからず、横着(おうちゃく)をせず、時間をかけてキッチリ行います。, この作業は、「Webデザイナー」や「コピーライター」への指示書を作ることになります。, この指示書がしっかりしていないと、その業種業界での平均的な作りになってしまい、その他大勢の分類に入ってしまいます。, 考える内容 : 競合他社の中からあなたを選んでもらうためには、選ばれる理由「他との違い」「売り」「自信のあること」を明確にすることが最優先課題です。, では、ホームページを見た人の選ぶ判断基準(注目するところ)が「安い」「近い」だけになり、ホームページに表示する料金は、同業他社よりも安い金額を表示しなければ、お問い合わせをもらえないことになります。, あなた自身と周りの人に問いかけてみて下さい。「よく利用する所は何故そこをよく利用するのか?」ということを。, よく利用するにはよく利用する理由が必ずあり、それは本人にとって、他では得られない、自分にとって良いことがあるからです。, ホームページにも、この「あなたを選ぶ理由(競合他社との違い)」がないと選ばれません。, この作業は、これ以降の作業工程の要になるうえ、ホームページの運用管理するうえでも大前提となります。私も一緒に考えます。, 出来たサイトマップ作業用ホームページを見て、各ページの原稿を作成し、そのページで使用する写真を用意します。, この段階の原稿とは、ホームページで表示するそのものではなく、あくまでも「コピーライター」に、「このページにはこのような内容で言葉や文章を作るように」という指示書になります。, 写真は、基本あなたに用意して頂きますが、用意できないところはWebデザイナーに一任をすることになります。, その場合、無料で使える写真も沢山ありますが、品質に劣るということと、膨大にある写真の中から選び出すという作業には、バカにならないほど手間ひまのかかる作業ですので、一任されたWebデザイナーは、デザイナーの頭で描いている写真に対して妥協はしませんから、利用しなれて気に入っている有料写真素材サイトを使用して入手致します。, また、ご希望によっては、あなたの魅力を最大限写真に納めることの出来るプロのカメラマンに撮影をさせます。これも追加料金になります。, デザイナーは、あなたとお会いするための準備を行い、準備ができましたら、あなたとお会いする日時を打ち合せして、私とデザイナーとで伺い、あなたとデザイナーと私の三者で打ち合せ(確認と意思の疎通)を行います。, 言葉や文章を考えるコピーライターは、デザイナーと一対(ペア)なので、この三者による打ち合せを基に、デザイナーがコピーライターと打ち合せを行い、コピーライターによる原稿作りが始まります。, 人は言葉で伝え、言葉で考えます。その言葉を、魅力が伝わるように、言葉や文章の表現をデザインすることが「コピーライター」です。そして、この原稿作りがホームページ制作の最初の作業となります。, コピーライターの作成した言葉や文章の原稿をWebデザイナーに、どのような考えで、そのような言葉や文章になったかを説明を加えて渡します。, デザイナーは、その原稿の言葉や文章の 重要度・順番・分りやすさ・全体のバランス など、視覚に訴えることを重視したデザインで、各ページを作成します。, 状況に応じて、作成できたページからから、誤字や脱字や間違いの有無を確認して頂き、ページごとに仕上げて行きます。, 全てのページのチェックが終わりましたら、ホームページを納品致します。ただ、人のやることですから、後から間違いを気付くこともありますので、 それは臨機応変に対応致します。, ホームページはインターネットに公開した時がスタートラインで、更新や運用管理を地道に行い、ホームページで集客、インターネットで集客の知識を学び蓄え、ホームページをあなたの道具にすることです。そして、ホームページが道具となった時に、使い方も使い道も色々だということが分り、インターネットがどんなに素晴らしいものかがわかります。, ホームページWebサイトの納品後は、更新のやり方の無料訪問サポートを1ヶ月間行いますので、この間にある程度ご自分で更新のやり方を覚えて下さい。, 勿論1ヶ月間を過ぎましても有料にはなりますが、更新操作に運用と管理を加えて訪問サポート致しますので、新たなページを追加するのにどのような作りにしたら分らない場合や、運用管理でどうしたら良いか分らない、ブログのことを知りたいなど、ホームページにまつわることなら何でもご相談下さい。私が訪問サポートいたします。, また、弊社の営業品目に「印刷」と「看板」があります。特に「チラシ」と「ホームページ」は、密接に相互関係がありますので、ホームページのことに限らず、集客についての知りたいことやご相談ごともお電話を下さい。, この有料訪問サポートは、あなたが自分で、編集と運用管理ができるようになることを「目的」としています。, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, から、お問い合わせのお電話を頂くと、必ず私(新井)が電話に出ます。そして、電話での会話で「ホームページの, が私を品定めした結果、費用はどのくらいかかるのかという話しになりましたら、ホームページのページの構成(サイトマップ)の作成です。, と一緒に考えるため、目で見て分るように、そのためのホームページを用意してありますので、目で見ながら一緒に考え作成します。, ○さん」と呼びかけて見てもらうものです。この呼びかけが「みなさん」では、誰も自分には関係ないと受け取り、振り向いてもくれません。あなたのことに当てはめて下さい。きっと「みなさん」では、振り向こうとしないはずです。「みなさん」とは、誰でもいいということです。, ○」が気になっている人は、「ん オレ(私)のことだ」と思い、ホームページを更に先を見てくれるのです。, を選んでもらうためには、選ばれる理由「他との違い」「売り」「自信のあること」を明確にすることが最優先課題です。, 自身と周りの人に問いかけてみて下さい。「よく利用する所は何故そこをよく利用するのか?」ということを。, 用意して頂きますが、用意できないところはWebデザイナーに一任をすることになります。. 全体最適を見据えた安定した運用が肝となります。, 伝えたいことはつまるところホームページが必要ということに終始します。 その際、あらゆる関連語がサイト内の各ページに分散されることになります。その分、自然検索での流入口も増えるということです。それぞれのワードでの上位表示が叶えば、反響も比例していくに違いありません。 ちなみにこの手法を「ロングテールSEO」といいます。 データ上、車検を利用する人の20%は初めて申し込む、もしくは利用する自動車整備工場が決まっていないため、ここをターゲットにする戦略は有効でしょう。 ただ、戦えないわけではありません。 自動車整備工場の集客についてホームページ作成を軸に解説していきます。新規顧客獲得はもちろん、リピーターの育て方についても言及。売上アップにつなげるべくノウハウをお伝えします。 また、自動車の修理工程を文字だけで説明してもイメージしにくいだけです。読まれないことだってあります。そこで画像を入れてください。あまり自動車に詳しくない人でもどんな内容か、ぐっとイメージしやすくなるでしょう。視覚で訴求。これは今の時代鉄板です。 また、自分が行ける範囲の場所かどうかも利用するうえでの判断基準となるでしょう。 自動車整備工場はある意味ブルーオーシャンともいえそうです。ホームページを持っているところが少ないことから、まずは用意し、ユーザーに役立つコンテンツの制作、適切な運用をしっかり行えば、市場をかっさらえることも決して夢ではないかもしれません。 デキテルは自動車整備業、中古車販売店の皆さまのためだけのホームページ作成ツール。 簡単に効果の出るホームページ集客が実現できます。 車業界専門 車業界no.1のhp作成ツール. また、掲載内容にも気を使わないといけません。急いで修理したいと思っていても、せっかく流入までこぎつけたホームページに修理費用が記載されていなければ離脱されてしまう可能性が高いです。 スマートフォンで検索をしてヒットするホームページのことをまずは確認するでしょう。比較的近くにいるからだけではなく、少し遠いけれども今すぐに修理できそうなら、そちらを優先する人も少なくないはずです。そうなってくると予期せぬ顧客にリーチできることになります。そこで信頼を得られれば常連として定着してくれる可能性だってあります。いずれにせよ、集客の種にホームページは欠かせないのです。, 当たり前の話ですが、案外ここが抜け落ちているサイトも多いものです。 それに対して、ロングテールSEOを実行している後者はアクセスが少なくても、各ページがカバーし合い、全体でみたときにリスクは最小限におさえられます。 時代が変化するにつれて、若者の自動車離れが問題となっています。特に都市部だと電車をはじめとする交通網が充実しているため、自動車を持たなくても生活できるうえに、少子高齢化も伴って新規で自動車を購入する人が減っています。ゆえに、自動車整備業界は市場の縮小が問題となっているのです。 このページに訪れるユーザーは、費用や期間を知りたいと考えるのが自然です。 デメリットの回避という意味でも持っておきたい視点です。一つのページ制作に注力しすぎたものの成果が出なかったら努力が無駄になってしまいますよね。 それにもかかわらずサンプルが数個程度しか用意されていないなら、自分が欲しい情報を見つけるのはかなり困難になってしまいます。 しかし、自動車整備工場でホームページを持っているのは全体の5%程度といわれています。これまでが安泰だったという捉え方もできますが、今やそうはいきません。わざわざ新たに集客する必要がなかった時代ならホームページを持っていないのも頷けますが、上述した通り、業界全体の課題でもあります。 チラシや電話営業といった集客方法に比べると、ホームページのコストは案外かかりません。確かに更新をするための時間を確保する必要はありますが、それでも効率で考えた時の差は顕著にみられるはずです。 「この場合は○○の過程を省略してもOK」といった簡単な表記だけでもユーザーにとってはありがたいものです。そうやってお得感を植え付けましょう。, 前頁で述べた修理事例ページですが、はじめから急いで100ページ分を用意するのではなく、1日1ページなどある程度目標を自分で決めたうえで時間をかけてページを作成していくのがおすすめです。SEOの観点でもそう。アクセス数を稼ぎながら検索上位にこぎつけても、放置しておけば徐々に順位は下がってしまいます。大切なのは継続して更新することです。制作する負担の軽減はもちろん、連載コンテンツの体裁になることで、ユーザーを容易に引き離さなくなる期待も持てます。例えば、自動車整備のビフォーアフターなども刺さりやすいトピックだと思います。定期的に公開し、じっくりホームページを育てていきましょう。 それにしても5%という数字は他の業界と比べるとかなり少ないと思います。 車検や自動車の修理はメーカーや車種、走行距離など様々な条件によって変わるので、一つの例しか掲載されていないと、ユーザーはマイカーでも適用できるのか不安になってしまいます。 ホームページ制作、集客でお困りでしたら、弊社の無料相談をご利用ください。, サングローブのサービスにご関心のある方は、 ホーム > 政策・仕事 > ... 自動車特定整備 制度の概要 自動車特定整備制度は、従来からの分解整備に加え、自動ブレーキなどに使用される前方を監視するカメラやレーダーなどの調整や自動運行装置の整備について、「電子制御装置整備」と位置づけ、その整備に必要な事業場(電子制御装置点

ヨ ジング Iu 14, ハナコ 犬 ゴッドタン 4, 一 番 くじ ロット販売 4, 丸顔 前髪なし セミロング 4, バイオハザード5 シェバ コスチューム アマゾネス 9, ドラクエ10 元気玉 なし でレベル上げ 9, ヤマハ Pas ホイール交換 56, Excel テーブル 結合 6,