ポートフォワード 踏み台 windows 12

Peroba do Norte
15 de novembro de 2019

ブログを報告する, SSH port forwarding - Example, command, server config, Networking - VirtualBox Provider | Vagrant by HashiCorp, remote(172.16.1.10)からredis-serverに対してコネクション張ってる. ・リモート側ホストのポート番号は任意の番号を指定。今回はRDPなので [ 3389 ]を指定。, ※HTTPS(WEB)の場合は [ 443 ] など、ポートフォワーディングを使用する用途によって指定先を変更してください。, SSHポート転送の画面に戻ってきました。 実は、TeraTermでSSHポートフォワードが出来るの、初めて知りました。昔はPortForwarderをよく使っていました... Tera Termを起動し、メニューバーから[setup]-[SSH Forwarding]をクリックします。, [TTSSH: Forwarding Setup]画面が開くので、[Add]ボタンをクリックします。, さて、実際に接続してみます。まず踏み台サーバに普通にSSH接続する必要がありますので、メニューバーから[File]-[New connection]をクリックします。, [New connection]画面が開きますので、[Host:]欄に踏み台サーバのEIPを入力してSSH接続します。, SSH認証画面が表示されますので、[User name]欄に踏み台サーバに登録されているユーザ名を登録します。秘密鍵の作り方によってはパスフレーズが登録されていると思いますので、必要に応じて[Passphrase]欄を入力します。また[Use RSA/DSA/ECDSA key to log in]をチェックし、[Private key file]で秘密鍵を指定します。入力後、[OK]ボタンを押すことで、踏み台サーバにSSH接続されます。, 踏み台サーバのSSH接続画面を開いたまま、もう1つTera Termを起動します。[Host:]欄に"127.0.0.1"を、[TCP port#:]欄には[SSH Port Forwarding]の[Forward local port]で設定したポート番号を入力し、[OK]ボタンを押します。, WinSCPでは、Putty形式の鍵ファイルしかサポートされていませんので、OpenSSHのコマンドなどで作成した秘密鍵ファイルの場合、Putty形式への変換が必要になります。, エクスプローラで[WinSCPのインストールフォルダ¥PuTTY¥puttygen.exe]をダブルクリックして実行します。, [PuTTY Key Generator]画面が表示されますので、[Load]ボタンをクリックし、秘密鍵ファイルを指定します。, 秘密鍵にパスフレーズが設定されている場合には以下画面が表示されますので、パスフレーズを入力して[OK]ボタンをクリックします。, 秘密鍵が正常にインポートされると、以下のように秘密鍵ファイルの情報が表示されます。[Save private key]ボタンをクリックします。, PuTTY形式に変換した秘密鍵を保存するフォルダを選択し、ファイル名を入力して[保存]ボタンをクリックします。, さて、それではここからが本題です。WinSCP画面を開き、新しいサイトで[セッション]欄を設定します。, [高度なサイトの設定]画面が開きます。まず[SSH]-[認証]を開き、[認証条件]で秘密鍵ファイルを指定します。, 次に[接続]-[トンネル]を開き、[SSHトンネルを経由して接続]をチェックします。[ホスト名]欄に踏み台サーバのEIP、[ユーザ名]に踏み台サーバにSSHログインするためのユーザ名を設定します。また[秘密鍵]欄で秘密鍵ファイルを指定します。設定後[OK]ボタンをクリックします。, 接続が進行します。この際秘密鍵にパスフレーズを設定している場合にはパスフレーズの入力が求められますので、入力し[OK]ボタンを押します。踏み台サーバとProtectサブネットのEC2と2回ログインする形になりますので、パスフレーズも2回求められます。, これでWinSCPにてProtectサブネットに配置されたEC2にSSH接続できます。, まぁぶっちゃけ、WindowsクライアントにVirtualBoxなどでVMを立ち上げちゃってOpenSSHでコマンドラインで接続する方が楽かと思います。~/.ssh/configに以下のように記述する感じですね。, Windowsクライアントには他にも様々なソフトウェアがありますが、最近のものは大体SSHポートフォワードに対応しているようです。使い慣れたOSとソフトウェアで作業をするのが一番効率的だと思いますので、Windowsユーザの皆さんのご参考になれば幸いです。, インターネットへ直接接続出来ず、Publicサブネットに配置されたサーバを経由してのみインターネット接続が可能なサブネット(Protect), リモート接続したいユーザの公開鍵が各EC2に登録したユーザの~/.ssh/authenticated_keysに登録されていること。, リモート接続したいユーザの秘密鍵がローカルPC(Windows)にのみ配置されていること。, セキュリティグループでインターネットから踏み台サーバにSSH接続可能な設定となっていること。, セキュリティグループで踏み台サーバから各EC2サーバにSSH接続可能な設定となっていること。, Forward local port ... ローカルPC側で設定するポート番号。well-knownで無ければ何でも良いので、適当に設定します。, to remote machine ... 接続したいProtectサブネットのEC2のプライベートIPアドレスを設定します。, port ... 接続したいProtectサブネットのEC2のSSH接続ポート。特に変更していなければ22になります。, ホスト名 ... ProtectサブネットのEC2のプライベートIPアドレスを設定します。, ポート番号... ProtectサブネットのEC2のSSH接続ポート番号を設定します。, ユーザ名 ... ProtectサブネットのEC2に設定されたユーザ名を設定します。. 1.クライアントPC(Windows) 2.踏み台になるサーバー(Linux) 3.接続先サーバー(Windows Server) 今回はTera Termで踏み台サーバー接続、ポートフォワーディングの設定を行い、Windows Serverへリモートデスクトップ接続(以下RDP)を行います。 作業手順 1. あなたは「おうち」にいてPCを使っています。 「おうち」には、「おうち」の中からだけ繋がるウェブサーバがいます。 あなたは「らぼらとり」に通っており、インターネットから接続できるSSHサーバが用意されています。 「らぼらとり」には、「らぼらとり」の中からだけ繋がるウェブサーバがいます。 #架空の環境です。 あなたは、「おうち」のPCからSSHサーバへ接続できます。 SSH接続に使用するソフトウェアは、PuTTYを想定します。 図の凡例に記載している「待受IPアドレス:待受ポート番号 … 社内や学内からしか見られないWebサイトを使っている人、結構いますよね。他にも、特定のWebサイトへの接続がブロックされているネットワークとか、日本国内からのアクセスしか受け付けていないWebサイトとか、逆に日本からのアクセスを制限しているWebサイトなんかもありますね。また、中国によく行く人はFacebookやTwitterが使えなくて不便だったりもするでしょう。, こうした「接続が制限されているWebサイト」にアクセスするなら、制限のかからない場所にある別のサーバーを経由させる必要があります。なんだか面倒そうですよね。でも大丈夫です!SSHサーバーにさえつながるなら、Webアクセスを中継させることができます。SSHサーバーと同じネットワークに自分のPCをつないでWebブラウザを使っているのと同じ状態にできます。SSHサーバーが動いていれば、自宅サーバーでも、社内サーバーでも、VPSでも、AWSでもいいです。, SSHサーバーを踏み台にすれば、接続先のWebサーバーにSSHサーバーのIPアドレスから接続してきたと思わせることができます。また、インターネットに公開していないWebサーバーがLAN内にあるなら、同じLANのSSHサーバーを「踏み台」にすることで、外部からアクセスすることもできます。さらに、個人宅で使われるようなブロードバンドルーターの設定は外部から変更できないのが普通ですが、外部から内部にあるSSHサーバーを踏み台にしてWebブラウザで管理画面を開き、設定を変更するなんてことも可能です。, これを可能にするのは、SSHサーバーの「ダイナミックフォワード」という機能です。この機能を使ってSSHサーバーまでの「トンネル」を作り、「SOCKSプロキシ」として利用します。主要なウェブブラウザはSOCKSプロキシに対応していますし、メールソフトやFTPソフトなども多くが対応しています。, 踏み台にするSSHサーバーが「ダイナミックフォワード」に対応している必要があります。「/etc/ssh/sshd_config」に、「AllowTcpForwarding no」や「AllowTcpForwarding local」の設定が無ければOKです。多くのディストリビューションではデフォルトでダイナミックフォワードを許可する設定になっているので、変更されていなければ大丈夫でしょう。, 設定後に踏み台を経由しているかどうか判断するために、設定前のIPアドレスを確認しておきましょう。IPアドレスなどクライアントの情報を表示するページを作ったので、開いて確認しておいてください。, Linuxから使うなら簡単です。以下のようにオプションを指定してSSHサーバーに接続するだけで準備完了です。, たとえば、10000ポートを「トンネルの入り口」にして「[email protected]」に「ダイナミックフォワード」するなら、以下のようになります。, 接続できたら、WebブラウザにSOCKSプロキシとして「トンネルの入り口」を設定しましょう。Firefoxなら、右上のハンバーガーメニュー()をクリックして「設定」を開き、左側から「詳細」を選択、「ネットワーク」をクリックして「接続設定」を開きます。そして「手動でプロキシを設定する」を選び、SOCKSホストに「localhost」、ポートに「-D」の後に書いた番号(先ほどの例なら10000)を入力して「OK」をクリックします。, Google Chromeの場合、標準ではコマンドラインオプションで指定する必要があります。それでは不便なので、拡張機能「Proxy SwitchySharp」を使いましょう。, 設定画面では、プロファイル名を入力して、Firefoxと同じような設定を行います。, 「Save」して、右上の地球アイコンをクリックし、追加したプロファイルを選択します。, 地球アイコンが青くなれば、設定完了です。IPアドレスの確認ページで、SSHサーバーのIPアドレスがWebサーバーに認識されているか確認してみてください。, しょっちゅうダイナミックフォワードを使うなら、わざわざsshにオプションをつけて実行するのは面倒ですよね。そういう時は、「.ssh/config」に設定を書いておきましょう。このファイル、ディストリビューションによっては、パーミッションを厳しくしないとエラーが出てしまいます。初めて作る時は、以下のようにパーミッションを設定しておきましょう。, これで、以下のコマンドで接続するだけでダイナミックフォワードされるようになります。, リモートのシェル(普通はbash)が必要ない場合は、以下のように実行すればバックグラウンドでダイナミックフォワードだけをしてくれます。

Outlook2013 ハイパーリンク 開けない 6, ローディング ドーズ 抗血小板薬 5, Unity 星 エフェクト 9, ヤマハ 2スト オイル 7, マイクラスイッチ コマンドブロック コマンド一覧 5, 糸魚川翡翠 勾玉 効果 4, リンク切れ チェック 一括 7, 遊び人 本気 態度 4, ペリペラ クッションファンデ 詰め替え 5, リモコン 赤外線 出ない 原因 38,