スプレッドシート 一斉送信 cc 5

Peroba do Norte
15 de novembro de 2019

Pythonとかプログラミングのことよくわからないし、 var SheetName=SpreadsheetApp.getActiveSheet(); var SheetRow=SheetName.getDataRange().getLastRow(); SpreadsheetAppクラス(スプレッドシートの最上位のオブジェクト)からGetActiveSheetメソッドでアクティブなスプレッドシート(氏名とメールアドレスが記載されているシート)を取得し、変数「SheetName」に格納しています。, getDataRangeメソッドでシート上のデータが存在する範囲を自動で判別して取得します。, その上で、getLastRowメソッドで最終行を取得し、変数「SheetRow」に格納しています。, DocumentAppクラス(Documentサービスの最上位オブジェクト)からopenByIdメソッドを使って指定したidのドキュメントを開き、「docMail」変数に格納しています。, Document IDには、先程Documentを作成したときにコピーしたIDを入力します。, getBodyメソッドを使ってDocumentのbody(内容)を取得した上で、getTextメソッドで文字列を取り出し、変数「strDoc」に格納しています。, var strSubj=’『図解でわかる!税理士が知っておきたいネットビジネスの仕組みと税務』キャンペーン動画の送付’, なお、この部分はGmailアドレスの他、Gmailであらかじめ設定しておけば独自ドメインのアドレスも指定できます。. Googleアナリティクスで公開された過去1カ月分の記事をすべて自動的にインポート, How to Send Email in a Google Sheet With Google Scripts, 「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本, How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント, 薄い&軽い!なのに頼りになる、アークテリクス、マーモットなどハイスペックなコート3選, Amazonタイムセールで、800円台の270°角度調整できるスマホ&タブレットスタンドや500円台のカラビナ付きペットボトルホルダー5個セットがお買い得に, iPhoneのアイコンをカスタマイズ。ホーム画面をミニマルにするアイコンセット【今日のライフハックツール】, エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル日本経済新聞出版社. やり方としては、CSVファイルとしてアドレスを取り出し、メールの宛先に貼り付けるのが簡単です。, 新規ブックを開いて右クリックし、「形式を選択して貼り付け」の中の「行列を入れ替えて貼り付ける」を選択。, 「名前をつけて保存」する際のファイル形式は「CSV(カンマ区切り)」を選択します。, CSVファイルは互換性が高く、メールソフトだけでなくメモ帳などに取り込んでも閲覧・編集を行うことができます。, CSVとは「Comma Separated Value(カンマで区切った値)」の頭文字をとってつけられた名前です。そのため、Excelで表示されているデータが、CSVではカンマで区切ったシンプルなテキスト形式で表現されます。, ちなみに、ほとんどのメールソフトの場合、CSVファイルを直接メールの連絡先にインポートすることもできます。, Outlookの場合、「ファイル」→「開く」→「インポート/エクスポート」を選択し、 上記で作ったスクリプトをインポートする。, インポート成功後は作ったマクロが選べるようになっているため、 「画像ウィンドウ」テーマ. シリーズ(NextPublishing)), サーバーレスでお手軽自動化!Google Apps Script活用入門 (技術書典シリーズ(NextPublishing)). var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActive(); {name: 'Send Emails', functionName: 'sendArticleCountEmails'}. 考えてみたところ、GAS(Google Apps Script)を使ってスプレッドシートに記載されたメールアドレスに対して予め用意したドキュメントの文章を一斉送信できる方法を知ったのでその方法を書きます。, Google Formで受付をすると、名前とメールアドレスのリストができあがります。, スクリプトにDocumentをBody(内容)としたGmailをスプレッドシートのメールアドレスに一斉に送信するコードを書く, 他の人のメールが知られないようにと、BCCなどで送ると宛先が入れられないのですが、, 先程スプレッドシートで作ったスクリプトエディタに戻って、GASを記述していきます。, (下記は一例ですので、このままコピペしても上手く動作しないこと、ご了承ください。), function sendEmail() { var SheetName=SpreadsheetApp.getActiveSheet();//アクティブなシートを取得する var SheetRow=SheetName.getDataRange().getLastRow();//シート上のデータが存在する範囲を自動で判別して取得し、データが存在する最後の行番号を取得する, var docMail=DocumentApp.openById(‘DocumentID‘);//DocumentのIDを指定する var strDoc=docMail.getBody().getText();//ドキュメントのBody(内容)を取得する var strSubj=’『図解でわかる!税理士が知っておきたいネットビジネスの仕組みと税務』キャンペーン動画の送付’; //タイトル var strFrom=’********@gmail.com’; //Fromのアドレスvar strSend=’Ryoko Tomura’; //差出人の名前, for(var i=2;i<=SheetRow;i++){ var strName=SheetName.getRange(i,2).getValue();//お名前を変数strNameに格納 var strToAd=SheetName.getRange(i,3).getValue();//メールアドレスを変数strToAdに格納 var strBody=strDoc.replace(/{お名前}/,strName);//メールの宛名{お名前}を、を変数strNameに置き換える GmailApp.sendEmail( strToAd, strSubj, strBody, { from: strFrom, name: strSend } );//宛先、題名、内容とオプションで送信元、送信アドレスを指定してGmailからメールを送付}//スプレッドシートの最終行になるまで、繰り返す }. 仕事で使える! MakeUseOf:Googleスクリプトは、スプレッドシートやドキュメントといったGoogle製の生産性ツールを自動化できる、強力なツールです。さらにすごいのは、メールの送信を自動化できるのです。, たとえば、Googleスプレッドシートで自動計算した内容を毎月上司にメールで報告できたら良いと思いませんか? もしくは、部下ひとりひとりに対して、パフォーマンスの評価や業務の進捗状況などをメールで連絡するのに時間が掛かりすぎてうんざりしていませんか? 今回紹介するGoogleスクリプトの関数は、そうしたタスクや、それ以外の業務の遂行にも、きっと役立つでしょう。, 1度だけ少し面倒な作業をする必要はありますが、それさえ済めば、あの煩わしいメールの手動送信を行う必要はなくなります。Googleスクリプトがあなたのパーソナルアシスタントとなり、すべての作業を代行してくれます。, Googleスプレッドシートからメールを送信できるようにGoogleスクリプトを設定するには、最初のステップとして、送信先の名前、メールアドレス、メッセージ本文のすべてを記入したGoogleスプレッドシートを適切に設定する必要があります。, 原文の執筆者であるRyan Dubeさんの例では、Googleアナリティクスで公開された過去1カ月分の記事をすべて自動的にインポートするように設定したGoogleスプレッドシートから始めました。Dubeさんは、掲載された記事を筆者別に集計する「All Authors」という名のシートを作成しました。そしてその集計結果を各筆者にメールで送れるようにしたい、と。, まず、今開いているGoogleスプレッドシートに「Send-Emails」という名前の新規シートを追加して、これをメール専用シートにします。, このシートでは、ヘッダーを作成します。各行には、個々の送信先に対応するメール情報を記入していきます。この例では、受信者名、受信者のメールアドレス、そして、後でスクリプトでつなぎ合わせていくためのメッセージのパーツを入力しました。, 静的情報と動的情報をつなぎ合わせるための列を足していけば、メールのサイズや構成は自在に変えられます。, ここでいう静的情報とは、セルに入力したただのテキストです。これは月が変わっても変わらず、ずっと同じものです。この部分は常にそのまま、メールのメッセージの一部として使われます。一方で動的情報である、毎月変えたいデータに対しては、同じGoogleスプレッドシート内にあるいずれかのシートから関連データをインポートするための関数を挿入できます。, ここでの目的は、自動作成されたレポートを見るためにシートを開いた時にはいつでもメニューアイテムが表示されるようにして、それをクリックするとメールを送信するためのGoogleスクリプトが実行され、集計結果が各筆者に配信されるようにすることです。この新規メニューアイテムのカスタマイズ方法については、記事の最後のほうで説明します。, スクリプトを作成するには、スクリプトエディタを使う必要があります。スクリプトエディタを使用するには、「ツール」 > 「スクリプトエディタ」をクリックします。, スクリプトエディタを開くと、以下のような画面が表示されます。ここで、右側のペインの上部に新しく関数を記述していきます。.

サッカー コーチ 合わない 7, Wordpress サイドバー 目次 11, 信長の野望オンライン 英傑 朝倉 17, マイクラ かぼちゃ 骨粉 33, 日産 リコール お詫び 金 18,