アメリカ 級 改 5

Peroba do Norte
15 de novembro de 2019

リュビ級原子力潜水艦(リュビきゅうげんしりょくせんすいかん Les sous-marins nucléaires du type Rubis)は、フランス海軍最初の攻撃型原子力潜水艦(SNA: sous-marins nucléaires d'attaque)。, 本級の排水量は2,000トン程度で、現用の他国の攻撃型原子力潜水艦に比べてかなり小さい[1]。2005年現在、実用の戦闘用原子力潜水艦としては間違いなく最小であり、おそらく今後ともこの記録を保持しつづけるであろう。動力に制限のない原子力潜水艦にとって、過小なサイズは、運用の経済性を損ねるものとなる。事実、本級の兵装搭載量・連続航海日数はかなり小さい。にもかかわらず、このような設計がなされているのは、フランス原子力潜水艦隊の歴史と深く関連している。, 第2次大戦後のフランス海軍における原子力潜水艦隊の建設は1950年代に開始され、1958年には最初の船体が発注されているが、ド・ゴール政権成立の翌年(1959年)に、この発注は取り消された。というのも、独自外交路線のもと、フランス独自の管理の下に置かれた核戦力を確保する目的で陸上・航空・海中システムが並行して開発されていたが、とりわけ海軍が重視されたため、つまりはド・ゴールの政治的圧力のもとで弾道ミサイル原子力潜水艦の開発が最優先されたためであった。, まず弾道ミサイル原子力潜水艦を開発し、攻撃型原子力潜水艦の開発を後回しにするというのは明らかに定石破りである。フランス海軍は、弾道ミサイル原子力潜水艦が一定の成功を収めたと評価されるまで、攻撃型原子力潜水艦の開発に着手しなかったため、本級の獲得も1970年代半ばと相当に遅い。また、このことに伴い、本級の開発は、最小限の資源で最も迅速に達成されることが要求されたため、またもや定石破りな手法が用いられた。すなわち、船体設計に通常型潜水艦のアゴスタ級のそれを流用し、さらにソナーや兵装管制システムについても同様のことがなされた。本級の特異性はこうした歴史的経緯によるものである。, また、本級はその推進方式についても独自性がみられる。すなわち、世界的に珍しい原子力タービン・エレクトリック推進の採用である。この方式は、静粛化の面では有利だが、システムの複雑化、信頼性の低下、重量の増大などの問題があるため、他の原潜運用国では一般的ではない。2005年現在、本級の後継のシュフラン級原子力潜水艦も含めて、フランス海軍の原子力潜水艦はすべてこの方式を採用している。, 1984年に就役した2番艦サフィールは、本級で最初にSM39エグゾセ対艦ミサイルを装備した艦となった。1番艦リュビも後日改装により、エグゾセ運用能力を獲得している。, 本級5番艦アメティストおよび6番艦ペルルは、4番艦までよりも全長がやや大きく(+0.5m)、水中排水量がやや小さく(-30t)、船型も異なる(クジラ型に対し涙滴型)ので、アメティスト・バッチ、改リュビ級、またはアメティスト級と呼ばれる。本級の命名法(宝石の名にちなむ)に従って、アメティスト(Améthyste)とはもちろん宝石の名であるが、同時に「戦術、流体力学、静粛性、通信、聴音の改良」(Amélioration Tactique, Hydrodynamique, Silence, Transmission, Écoute)の頭文字でもあって、列挙されたような性能向上を目的としたものである。なお、1988~1995年には、先に就役した4隻にも遡って適用されているので、両者を併せてリュビ=アメティスト級と呼ばれることもある。いずれにせよ、開発および運用上、同一の系列に属していることに変わりはない。, 本級は、トゥーロンおよびロリアンを母港とする2個戦隊に編成されている。また、攻撃型原子力潜水艦としては余り例を見ないが、本級には1隻あたり、完全編成の乗員が2組——赤(Rouge)チームと青(Bleu)チーム——用意されており、少数の艦の稼動効率を高める努力がなされている。, 2016年から本級とシュフラン級原子力潜水艦が1対1で置き換えられる予定で、2026年前後に全ての艦が退役する予定だったが、後継のシュフラン級原子力潜水艦1番艦竣工は2019年にずれ込み、竣工時点で就役は翌年を予定するなど、計画は遅延している。, 本級の艦名はすべて宝石の名にちなんでいる。当初は地名がつけられる予定で、1番艦から3番艦には、順にプロヴァンス(Provence)、ブルターニュ(Bretagne)、ブルゴーニュ(Bourgogne)の名が割り当てられていた。艦名の後の日付は順に起工/進水/就役。, Amélioration Tactique, Hydrodynamique, Silence, Transmission, Écoute, "1983 : La France se dote de sous-marins nucléaires d'attaque", historique de la classe Rubis sur Mer & Marine, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リュビ級原子力潜水艦&oldid=78771793. ―アメリカ(第二次大戦前後)― < 戦艦 > BB-63ミズーリ ... エロマンガ級: フリゲート・駆逐艦・巡洋艦 イージス艦 ペコス級護衛駆逐艦 潜水艦: 揚陸艇 揚陸艇: 戦闘 潜水艦による攻撃 カミカゼ・イン・ エセックス: その他 5インチ54口径単装速射砲 on the M24軽戦車. 来年アメリカに帰らなければいけませんから、その時まで日本語をたくさん勉強するつもりです。 どうですか?文章は少し硬いですが、5級の文法でもかなりのことが言えるようになります。4級だともっと日本人の使う日本語に近くなります。 Copyright 2017-2020 All rights reserved, nihongolibrary.com, マークシートで筆記がなく半分とれば受かるテストで総受験者の50%しか受かっていない. 本級5番艦アメティストおよび6番艦ペルルは、4番艦までよりも全長がやや大きく(+0.5m)、水中排水量がやや小さく(-30t)、船型も異なる(クジラ型に対し涙滴型)ので、アメティスト・バッチ、改リュビ級、またはアメティスト級と呼ばれる。 日本語の先生、日本語を教えたことのある人、かつ英語以外の外国語を勉強したことのある人はこの日本語能力検定5級のレベルがいかにすごいかよくわかると思う。, 日本語能力試験、通称JLPT。レベルが1から5まである中でN5は一番低いレベルだ。なので大したことのないというイメージを受けると思う。, 僕自身も大して日本語能力試験について詳しく知らない時は英検5級ぐらいのレベルでしょ?ぐらいに思っていた。, 実際このレベルにいる外国人の日本語のレベルはお世辞にも流暢とは言えない。当たり前だ。その上には4から1までのレベルがあるのだからまだまだ初級のレベルだ。, 語彙力もきっちり学習したとしても700語レベル。会話をするには全然足りないと言える。, それにこの80項目は日本語の基礎となる重要なものが多くこれをマスターすれば日本語をほぼマスターしたと言っても過言ではないと思う。, もちろん細かい言い回しもできないし、使える文法が限られていて表現力が乏しくなる上、単語が全然足りない。最低でも3000語は欲しいところだ。, では実際この5級のレベルはどんなレベルなのだろうか?この文法をしっかり理解して使いこなせるレベルはどんなものか例文で見てみようと思う。, アメリカから来ました。今、日本で日本語を勉強してます。朝、日本語の学校に行って、午後からバイトに行っています。バイトの後、日本人の友達とお酒を飲みに行きます。友達はおもしろくて、とても親切です。『週末、海に行きましょう』と言っていたので、先週末、友達と車で海まで行きました。日本の海には行ったことがありませんでしたから、とても嬉しかったです。, 天気が良かったですが、少し寒かったです。泳いだり、ビーチで本を読んだりしました。たくさん遊んだから、とても疲れました。家に帰った時、日本語の宿題をしたくありませんでした。でも先生は厳しいから、しなくてはいけませんでした。寝る前に少し漢字を勉強して、11時に寝ました。来年アメリカに帰らなければいけませんから、その時まで日本語をたくさん勉強するつもりです。, どうですか?文章は少し硬いですが、5級の文法でもかなりのことが言えるようになります。4級だともっと日本人の使う日本語に近くなります。, 文法レベルだけでいうなら日本語の5級は英検の2級ぐらい、もしくはちょっと下ぐらいな気がします。検定同士のレベルを比べるのナンセンスな気もしますが、5級時点でかなりの文法を外国人は習っていることになります。, 他の外国語試験の一番下のレベルはもっとハードルが低いような気がしますがどうでしょう?, 学習している外国人も初級でこんなレベルなら4級、3級もしくは1級まで果てしないと途方にくれる人もいるんじゃないでしょうか?実際5級レベルでつまずいて、落ち込んで学習を止めちゃう人もいます。, 初級のレベル設定が結構高いのも原因の一つでしょう。日本に留学に来た人ならさほど難しいレベルではないでしょうが、マークシートで筆記がなく半分とれば受かるテストで総受験者の50%しか受かっていないのを見ると異常なレベルです。, 実際、英検、仏検5級の合格者数は80%を超えています。2015年度秋の仏検5級合格者に至っては88%です。, どの言語でもやはり基礎をしっかり理解することは大切ですし、基礎をしっかりすれば小難しいことが言えなくても流暢に会話することが可能ということが日本語の例を見てもわかると思います。, このレベルのことが今あなたが学習している言語もしくは学習したいと思っている言語、例えばフランス語、ドイツ語、ロシア語で言えたとしたら相当のレベルだと思いませんか?, 第二外国語を勉強したことがある人たちには、英語以外の別言語を勉強する大変さが分かると思います。, 日本語は特別難しい言語だと思いませんが、導入時点で覚えることが他の言語よりたくさんあるのは事実で、多くの学習者は苦労しているということです。, もし日本語を学習し始めている友達がいれば、5級は結構すごいレベルだということを教えてあげてください。. 最近流行り(? Nihongo Library has released an app for studying Japanese.Use it to learn basic Japanese grammar, vocabulary, and kanji. Stay up-to-date about new materials, useful tips, and more. タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦(タイコンデロガきゅうミサイルじゅんようかん、英語: Ticonderoga-class guided missile cruiser)は、アメリカ海軍のミサイル巡洋艦の艦級[1][2][3]。, スプルーアンス級駆逐艦を元に、イージスシステムを搭載するよう設計を修正した初の実用イージス艦として1978年度より建造が開始され、1983年から1994年までに同型艦27隻が就役した。アメリカ海軍の巡洋艦としては、クリーブランド級軽巡洋艦と並び最多建造数を誇っているほか、1999年にカリフォルニア級原子力ミサイル巡洋艦が退役したため、アメリカ海軍が保有する唯一の巡洋艦となっている。, アメリカ海軍は、第二次世界大戦末期より、全く新しい艦隊防空火力として艦対空ミサイル(SAM)の開発に着手していた。戦後も、ジェット機の発達に伴う経空脅威の増大を受けて開発は拡大され、1956年にはテリア、1959年にタロス、そして1962年にターターが艦隊配備された。これらは3Tと通称され、タロスはミサイル巡洋艦、テリアはミサイルフリゲート(DLG)、そしてターターはミサイル駆逐艦(DDG)に搭載されて広く配備された。また経空脅威の増大が続いていることを踏まえて、1958年からは、早くも3Tの次の世代の防空システムとしてタイフォン・システムの開発を開始していたが、これは要求性能の高さに対する技術水準の低さ、統合システムの開発への経験不足により難渋し、1963年にキャンセルされた[4]。ただしその過程で開発された改良型の固体燃料ロケットは、テリアとターターの共通化を進めた発展型であるスタンダードミサイルに引き継がれた[5]。, タイフォンの挫折を受け、1963年11月より先進水上ミサイル・システム(ASMS)計画が開始され、1969年にはイージス計画と改称した。1967年のエイラート撃沈事件、1970年にソ連が行なったオケアン70演習を受けて開発は加速され、1973年からはテストサイトでの地上試験、そして1975年には試作機を実験艦「ノートン・サウンド」に艤装しての洋上試験が開始された[4]。, もともとイージスシステムは、次期原子力ミサイル駆逐艦(DXGN)の後期建造艦に搭載される予定であった。1970年に海軍作戦部長に就任したズムウォルト大将はこれを修正し、より小さく簡素なガスタービン主機の駆逐艦(DG/Aegis)に搭載することとしたが、1974年に海軍作戦部長がホロウェイ大将に交代すると、再び原子力艦への搭載へと修正された[6]。, この頃には、DXGN計画から発展したバージニア級(DLGN-38級)が既に建造に入っていたが、同級にそのままイージスシステムを搭載することは困難であった。このことから、イージス搭載に適合化した原子力ミサイル駆逐艦としてDG(N)計画が着手され、1974年1月の時点では満載10,708トンとなる予定であった。しかし同年7月、ホロウェイ大将はこの計画は消極的過ぎるとして中止させ、かわって原子力打撃巡洋艦(CSGN)計画を推進した。概念設計は1975年5月に完了し、満載12,700トンの強力な戦闘艦とされたが、当然のように高コストの艦でもあった。このことから、ズムウォルト大将が検討させていたようなガスタービン主機のミサイル駆逐艦の案が復活することになり、CSGN 8隻と在来動力型ミサイル駆逐艦(DDG)16隻によるハイ・ローミックスが予定された。この在来動力型ミサイル駆逐艦はスプルーアンス級の派生型として予定されており、これが本級の源流となった。DDGは1977年度計画から、CSGNは1978年度計画からの建造が予定されていたが、議会はこれらの計画を差し止め、かわりに「ロングビーチ」をCSGNのプロトタイプとして改装するよう予算を振り替えた。しかし1977年1月17日、フォード政権は改修を中止させ、続くカーター政権はCSGN計画の見直しを指示した。かわってバージニア級を発展させたCGN-42の設計が着手されたものの、当初5隻が予定されていた建造数は、1978年3月には1983年度計画の1隻のみに削減され、1981年2月にはその建造も中止された[6]。, 1970年代初頭、ズムウォルト海軍作戦部長が検討させていたDG/Aegis計画では、5,000トン級のCOGOG推進艦を軸に検討が進められていた[6]。一方、スプルーアンス級はもともと、ミサイル駆逐艦としての設計変更を前提として設計されていたこともあって、同級の設計・建造にあたっていたリットン・インガルス造船所では、同級をもとにイージスシステムを搭載する案を独自に作成し、1974年に海軍に提案した。海軍は、この案はさしあたり採用しないことにしたものの、外部のコンサルティング会社であるJJMA社に検討を依頼した。JJMA社では、スプルーアンス級をもとにイラン海軍が発注していた防空艦(後にキッド級としてアメリカ海軍に編入)を土台として検討を進めた結果、大規模な改設計とマージンの見直しを必要とするものの、イージスシステムの搭載は可能と結論した[7]。, これらの検討を踏まえて、上記の通り、1975年にはスプルーアンス級をもとにイージスシステムを搭載する案が正式に推進されることになり、海軍装備局(NavSea)による検討を経て、1978年9月、リットン・インガルス造船所が詳細計画と建造を受注した。これによって建造されたのが本級である[8]。, このような経緯から、当初はミサイル駆逐艦(DDG-47級)として計画されていたが、期待される任務や性能を考慮して、1番艦の建造途中の1980年1月1日、ミサイル巡洋艦(CG-47)に種別変更された[1][3]。, 上記の経緯より、基本設計はスプルーアンス級のものが踏襲されており、2層の全通甲板を備えた遮浪甲板型を基本として、後端部を切り欠いた長船首楼型という船型も同じである。ただしイージスシステムの搭載に伴う排水量増加を吸収するため、隔壁甲板を第1甲板から01甲板に変更し、これに伴い艦内区画なども一部変更された。またAN/SPY-1多機能レーダーのアンテナを取り付けるため、上部構造物も大型化するとともに、アンテナの精度を保つために所定の剛性を確保している。艦首にはブルワークが追加されたが、これはスプルーアンス級の運用成績を加味したものと考えられている。またスプルーアンス級が後に改修されたのと同様、枢要部にはケブラー装甲が施されている[8]。, しかし1979年2月に提出された受注後初回の重量重心計算書では、初期設計と比して、満載排水量は360トン増の9,270トン、キール上重心高さ(KG)は0.22フィート上昇して23.57フィートと、重量・重心面の問題が顕在化した。これを受けて、造船所は383トンに達する重量削減策を策定したが、海軍はこのうち開発に時間がかかるものや設計変更の範囲が大きいものは採用せず、80年8月の時点では、上部構造内のアルミニウム製フォールス・デッキのハニカム材への変更や通路敷物の廃止、排気系の変更など47トンの削減となった。しかしその後も重量増加と重心上昇の傾向が続き、82年4月の予想ではKGは27.74フィートとなったことから、スケグに110トンの鉛バラストが入れられることになった[8]。, これらの施策により、引き渡し時の満載排水量は約9,500トンになる見込みとなったが、区画浸水計算上の排水量限度が9,700トンであり、ダメージコントロール面の余裕が少なすぎることが問題になった。海軍装備局の検討により、後日装備予定の曳航ソナー(TASS)のための艦尾開口部がネックになっていることが判明したことから、TASSの投揚収時には非水密、曳航時には水密を保つ機構が開発され、これによって限度は10,200トンまで引き上げられた。また当初の計算では、今度は船体強度が排水量10,200トンに耐えられないと見積もられていたが、再計算の結果、実際には既に十分な強度が確保されていることが判明した。これは重量分布が最初の計算よりも曲げモーメントを減らす方向で変わっていたことと、型鋼の寸法規格について、スプルーアンス級ではフィート式であったのに対して本級よりメートル式に変更したことで、寸法が大きくなって断面係数が増えており、船体縦強度部材の強度が最初の計算よりも大きくなっていたためであった[8]。, 1981年度計画の3・4番艦では、01甲板と船側外板について、従来のHTS高張力鋼から、より強度が大きいHY-80高張力鋼に変更して板厚を減少、艦首ブルワークをHTSからアルミニウム合金に変更、4脚マストを3脚式に変更してその主脚を電路に転用するなど、よりいっそうの重量低減策が講じられた。そして82年度計画の6番艦以降ではミサイル発射機をVLSに変更することになり、よりいっそうの重量低減・重心降下策が必要となったことから、海軍とインガルス造船所は共同でTOTS(Take off Tons Sensibly)計画を発足させた。HY-80高張力鋼の採用範囲拡大、局部強度部材への高強度低合金鋼(HSLA)の導入、主船体の再設計、艦外受電設備の見直しによる受電ケーブル・関連回路遮断器の削減などにより、満載排水量は9,410トン、KGは23.21フィートとなった。もしTOTS計画がなければ、それぞれ10,100トン(バラスト250トンを含む)と23.35フィートになっていたとみられている[8]。, 主機はスプルーアンス級で採用されたゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービンエンジン4基で可変ピッチ・プロペラ(CPP)2軸を駆動するCOGAG方式が踏襲された[1][2][3]。, 一方、イージスシステムの搭載に伴って電源は強化された。アリソン501ガスタービン発電機は4基に増備され、出力も2,000キロワットから2,500キロワットに強化された[1][3]。また400ボルト/60ヘルツ三相交流の艦内配電系への変電を行うコンバーターも、3基から4基に増設された。この増設余地は、もともとスプルーアンス級からミサイル駆逐艦としての改設計に備えて確保されていたものであった[8]。, 上記の経緯より、本級の中核的な装備となるのがイージス武器システム(AWS)である。搭載している全ての戦闘システムは、AWSの戦術情報処理装置である指揮決定システム(C&D)Mk.1および武器管制システム(WCS)Mk.1に連接されている。AWSは継続的な改良を受けて多数のバージョンが生じており、これらは大まかにベースラインとして区別される。本級の新造時には、1・2番艦ではベースライン0、3 - 5番艦ではベースライン1、6 - 12番艦ではベースライン2、13 - 18番艦ではベースライン3、19 - 27番艦ではベースライン4が搭載された。ベースライン0搭載艦のシステムは程なくしてベースライン1にアップデートされたほか、1996年より、ベースライン4搭載艦のシステムはベースライン5フェーズIII仕様にアップデートされ、統合戦術情報伝達システム(JTIDS)によるリンク 16の運用に対応した[3][7][9]。, そして2008年度より着手されたイージス近代化改修(AMOD)により、ベースライン2搭載艦のシステムはベースライン8(CR2/ACB08)、ベースライン3・4搭載艦のシステムはベースライン9(CR3/ACB12)にアップデートされており、共同交戦能力(CEC)にも対応した[3][10]。, その中核となる多機能レーダーはAN/SPY-1で、固定式4面のパッシブ・フェーズドアレイ(PESA)アンテナは、前後の上部構造物に2基ずつ(前部の構造物には艦首側と右舷に、後部の構造物には艦尾側と左舷に)設置されている。ベースライン0 - 2ではAN/SPY-1A、ベースライン3 - 4では改良型のAN/SPY-1Bが搭載されており、また1993年より、AN/SPY-1Aにもソフトウェアの書き換えやアンテナ感度変更などの改修が施された[9]。, なお本級では、AN/SPY-1を補完する早期警戒レーダーとして、2次元式のAN/SPS-49も搭載されたが[2]、こちらはAMOD改修の際に撤去されている。またAMOD改修の際に、砲の目標捕捉・射撃指揮レーダーとして搭載されていたAN/SPQ-9AはAN/SPQ-9Bに更新され、低空警戒性能を向上させている[3][10]。, 艦対空ミサイルとしては、従来のスタンダードミサイル(SM-1)を発展させたSM-2を採用した。その発射機としては、当初は連装のMk.26 GMLSを使用していた。これは先行するターター-D・システム向けに開発されて、バージニア級原子力ミサイル巡洋艦およびキッド級ミサイル駆逐艦において、スタンダードSM-1MRを運用していたものと同系統であり、本級の場合、艦首尾側いずれも44発を収容できるMk.26 mod.1が設置されていた[1][2][3]。, その後、6番艦以降より、新開発のVLSであるMk.41 mod.0が搭載されるようになった[1][2][3]。これは61セルのMk.158発射機2基を前後に搭載したもので、垂直発射方式の採用により、抗堪性、即応性、連射能力のいずれもが向上した。なおMk.41には、スタンダード用のショート・モジュールとトマホーク巡航ミサイルの運用にも対応したロング・モジュールがあり、当初は、上記のように船体の重量・重心が危惧されていたこともあって、一部はショート・モジュールにすることも検討されたが、運用の柔軟性を考慮して、結局は全てロング・モジュールとされた[8]。, その後、近接防空能力向上の為、AMOD改修の際に、ESSM個艦防空ミサイルの運用能力が付与された。またこの際、ファランクス 20mmCIWS(Mk.15)もブロック1Bにアップデートされている[3][10]。, なお艦対空ミサイルの終末誘導を担当するのがMk.99 ミサイル射撃指揮装置で、本級の場合、AN/SPG-62イルミネーターを前後に2基ずつの計4基搭載した[1][2][3]。, 一部の艦にはイージスBMDシステムを搭載し、SM-3弾道弾迎撃ミサイルの運用に対応する改修がなされている。2002年より、まず「レイク・エリー」において試験が開始された[2]。また「シャイロー」(CG-67)はイージスBMD3.6システムを搭載し、2006年6月の試験によってミサイル防衛能力を確認したのち、横須賀海軍施設に配備された[9]。その後、2013年までに、CG-61、CG-70、CG-72、CG-73がイージスBMDシステムを搭載しており、更に少なくとも5隻の改修が見込まれている[3]。, これらのイージスBMD搭載改修の成果はAMODで統合され、2014年度から2016年度にかけて、ベースライン4搭載艦ではBMD5.0の適用が予定されている[11]。, 対潜戦装備は、当初は基本的にスプルーアンス級の構成が踏襲されており、ソナーとしてはAN/SQS-53Aをバウ・ドームに収容して搭載、水中攻撃指揮装置はMk.116 mod.4であった。また対潜兵器としては324mm3連装魚雷発射管を装備したほか、Mk.26 GMLSからアスロック対潜ミサイルを発射できた[1]。, その後、1983年度計画の8番艦よりAN/SQR-19 TACTASの搭載が開始された。10番艦からはAN/SQQ-89(V)3統合対潜システムも搭載され、これに伴って船体装備ソナーはAN/SQS-53Bに、水中攻撃指揮装置もMk.116 mod.6に更新された[1]。これは6 - 9番艦にもバックフィットされており、ベースライン2以降の全艦がAN/SQQ-89を装備するようになった[3]。またAMOD改修により、ベースライン2搭載艦では曳航ソナーをAN/SQR-20に更新、またベースライン3・4搭載艦では統合対潜システムもAN/SQQ-89A(V)15に更新されつつある[10]。, 艦砲はバージニア級以来の構成が踏襲され、艦首尾に1基ずつの127mm単装砲(Mk.45 5インチ砲)を搭載し、Mk.86 砲射撃指揮装置の管制を受けた。本級のMk.86の火器管制レーダーは目標捕捉用のAN/SPQ-9Aのみで、AN/SPG-60追尾レーダーを備えておらず、対空射撃には対応していなかったが[1]、1990年度の改修によって対応した[12]。またAMOD改修の際に、AN/SPQ-9Aは低空警戒性能を向上させたAN/SPQ-9Bに、艦砲は62口径127mm砲に、GFCSもMk.160 mod.11に換装され、Mk.34 mod.4 GWSを構成するようになった[2][3]。, 対艦兵器としては、艦の後部にハープーン艦対艦ミサイルの4連装発射筒2基を装備した。ただし多くの艦では、平時の搭載数は4発のみとなっている[3]。, また上記の通り、6番艦よりMk.41 mod.0 VLSが搭載されたことから、トマホーク巡航ミサイルによる対地火力投射にも対応し、トマホーク武器システムの武器管制システム(AN/SWG-3 TWCS)も搭載された[2][3]。, 電子戦システムとしては、電子戦支援・電子攻撃両用のAN/SLQ-32(V)3電波探知妨害装置を搭載した[2][3]。ただしAMOD改修では、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦では新型のSEWIP電波探知妨害装置への換装が盛り込まれているのに対し、本級では対象外となっている[11]。, 1999年には、CG-58・59および63で、Mk.137を用いてNULKAアクティブ・デコイを発射する能力が付与された。その後、AMOD改修によって、専用のMk.53 mod.5発射機が追加搭載されている[3]。, 艦載機としては、当初のベースライン0では航空艤装がトップヘビーにつながることを危惧して、比較的簡素・軽量な装備で運用できるSH-2ヘリコプターを用いたLAMPS Mk.Iが用いられていた。, その後、ベースライン1以降では、より大型で強力なSH-60Bヘリコプターを用いたLAMPS Mk.IIIに更新され、これにともなってRAST(Recovery Assist, Secure and Traverse)着艦誘導・拘束装置が搭載された。なおヘリコプター用として、短魚雷36発分の弾薬庫が設置されている[3]。, ヘリコプター対潜水艦飛行隊(HSL)はヘリコプター海上攻撃(HSM)飛行隊に変更され、2006年から2015年の間にSH-60BからMH-60Rに更新された。SH-60Bは2015年5月11日に米海軍から正式に退役している。, アメリカ海軍は、1995年より、次世代水上戦闘艦としてSC-21(Surface Combatant for 21st Century)のコンセプト開発に着手しており、本級の後継艦としてCG-21計画艦も盛り込まれていた。その後、CG-21はCG(X)に発展し、スプルーアンス級駆逐艦の後継となるDD(X)とファミリー化して開発されることになっていた[13]。しかしDD(X)はズムウォルト級ミサイル駆逐艦として結実したものの、建造費用高騰もあって建造数は削減され、かわりに2010年度よりアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦フライトIIAの建造が再開された。そして2010年にはCG(X)計画の中止が決定され、その代替も兼ねて、2016年度からはフライトIIIの建造が開始されることになった[14]。, その後、中国人民解放軍海軍の055型駆逐艦の登場や対艦ミサイル戦力の拡充などを受けて、水上艦戦力の拡充が図られることになり、巡洋艦の開発計画も再開されることになった。アメリカ海軍の2021年度予算案には次期巡洋艦の開発費用が盛り込まれており、計画では、2025年までに1番艦建造に必要な全ての作業を終わらせることを目標にしている。このように急速な開発が求められたことから、新技術の導入は避けて実証済みの技術のみで構成し、開発期間の短縮とリスクを軽減する計画とされている[15]。, ×タイコンデロガ | ×ヨークタウン | ×ヴィンセンス | ×ヴァリー・フォージ | ×トーマス・S・ゲイツ, バンカー・ヒル | モービル・ベイ | アンティータム | レイテ・ガルフ | サン・ジャシント | レイク・シャンプレイン | フィリピン・シー | プリンストン | ノーマンディー | モンテレー | チャンセラーズビル | カウペンス | ゲティスバーグ | チョーシン | ヒュー・シティ | シャイロー | アンツィオ | ヴィックスバーグ | レイク・エリー | ケープ・セント・ジョージ | ヴェラ・ガルフ | ポート・ロイヤル, RAST(Recovery Assist, Secure and Traverse)着艦誘導・拘束装置, https://militarywatchmagazine.com/article/meeting-the-challenge-of-china-s-new-fleet-u-s-to-begin-development-of-next-generation-heavy-cruiser, U. S. Navy Cruiser and Destroyer Modernization, The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991, navysite.de: The Ticonderoga (CG 47) - Class, Federation of American Scientists Report: Ticonderoga class guided missile cruisers, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦&oldid=78173276.

有吉 ツイッター フォロワー, 海外 リュック 防犯, フルラ 時計 年齢層, 八王子ラーメン 玉ねぎ 生, 阪神 百貨店 オリジナル エコ バッグ, プロスピ 5周年 ログインボーナス, 犬 片目 半開き, 郵便局 Atm 時間, 英語 全くわからない 大人, Tern Link A7 輪行, 英語 全くわからない 大人, プロボックス ディーゼル 燃費, うれしはずかし朝帰り ドリカム コード, Verge P10 軽量化, インゲン 種 水につける, 楽天ポイントカード パンダ 東急, ライン ベック 2ch, Nhk 気象予報士 2020, ダウントンアビー トーマス クズ, アロハテーブル 江ノ島 メニュー, 6年生 漢字 一覧, 車 中泊 エンジン マナー, メールアドレス 教えて 中国語, 仮想通貨 損益計算 エクセル, 高校英語 文法 問題, 千葉駅 始発 総武線快速, レディス プレリュード 結果, 福知山線 区間快速 停車駅,